物凄く幸せなりたいなら

物凄く幸せになりたかったら

この地球上で一見不幸と言われる物を

沢山経験することだと思います。

 

それはなぜか?

 

些細なことでも幸せと感じる

感性が必要だから。

 

その感性はどうやったら高められるか?

 

不幸な経験を沢山しそれを乗り越え感謝できること

でしか鍛えられないのかもしれないです。

 

私達はなるべく嫌なことや最悪の出来事が

起きないように祈るけれども、それがなくなると

本当の幸せは手に入らないかもしれません。

 

その一見不幸と思えることに実は

天命や使命が潜んでいる可能性があるのです。

 

河村武明さんという方をご存じでしょうか?

 

私は昨日知ったんですが、元ミュージシャンの方です。

 

そんな彼は、脳梗塞で倒れ、言語障害、聴覚障害、

右手麻痺、失語症という重い後遺症が残りました。

 

これにより、音楽を聴く耳、歌を歌う声、

ギターを弾く右手、そして詩を考える言葉という

ミュージシャンとして大事なものを奪われたそうです。

 

そんな中彼は、残った左手で絵が描けることを発見し

絵と詩を表現始め、今では超有名になられています。

 

彼はどのようにこの困難を乗り越えたのでしょうか?

 

彼曰く「与えられたことを感謝して受けよ」という

言葉を知っていてそれを実践しようと障害にありがとうと

思い続けたそうです。

 

常識的に考えると感謝できないですよね?

 

彼も最初はなかなか感謝できなかったそうで

無理やり感謝したそうです。

 

人間生きていたら何が起きるかわかりませんが、

不幸なことがあっても逃げないことですね。

 

きっとその先には今までの自分では見ること

感じることができない世界が広がっているはずだから。

 

ということで一見不幸と言われる経験は常識で考えれば

味わいたくないし、感謝なんてできませんが、

起こることは全て良きことと考え感謝できる

非常識を身につけましょう。

 

NE運命解析学では何か事象が起きた時、

必ず自分に因があると考えます。

 

その事象を直視し逃げずに乗り越えることで

罪状転換し、その転換した価値を世の中に

提供することで財状に変わると言っています。

 

専門用語でわかりにくいと思いますが、

興味ある方はぜひ協会の動画を見て

みてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

非常識で生きよう

次の記事

自分が人生の創造主です